マンションの大家になる|マンション投資で失敗しないポイントを確認しよう
つみき

マンション投資で失敗しないポイントを確認しよう

マンションの大家になる

マンション

年をとると思うように体を動かすことができなくなってしまいます。病気や怪我をしてしまった場合にも、同様のことが言えます。体を自由に動かすことができないと、働きたくてもなかなか雇ってもらうことができません。働いて収入を得ることができなくなると、すぐに生活が立ち行かなくなってしまいます。そうなってしまってから慌てることがないように、元気なうちに安定収入を確保する対策を講じておくのが得策です。お勧めできるのは、賃貸マンションを建てて大家になるという方法です。駐車場を作るという方法もありますが、駐車場よりも賃貸マンションの方が入ってくる賃料の額が大きくなります。賃貸マンションの大家になっておけば、何らかの理由で本業による収入が激減してしまうことがあったとしても、路頭に迷う心配をする必要がなくなります。

賃料収入を得られるのは魅力的だけれど、大家業で苦労するのは御免だという人が少なくありません。大家になれば家賃が入ってくるのは事実ですが、賃借人のニーズに応える義務も生じます。設備が壊れたと言われれば、すぐに駆け付けて修理業者を手配しなくてはなりません。もちろん、その修理費用は大家が負担することになります。また、住人間でトラブルが発生した場合には、大家が間に入ってトラブルの収拾を図る必要があります。傍から見るよりもずっと大変なのが、この大家業です。しかし、マンション管理会社に管理業務を任せてしまえば、大家は何もする必要がなくなります。毎月管理料金をマンション管理会社に支払わなくてはなりませんが、大家業の煩雑さを考えると、決して高すぎる金額ではありません。マンション管理の手間に煩わされることなく賃料収入を得ることができるようになるため、マンション管理会社を利用する人が増えています。特に、大家が遠方に住んでいる場合や本業が多忙な場合は、マンション管理会社に管理業務を委託するのが当たり前のようになっています。